経営学部 経営学科

ビジネスや地域再生などの分野で即戦力となる人材を育成

  • ※2019年7月現在のものです。
経営学科
この学部・学科の資料をもらう
 
 
経営学科の特長
学べる内容

社会への助走となるフィールド実践などの「実践科目」を中核として、強く生き抜く「社会人としての生命力」の土台を養成。組織に必要とされ、企業と地域経済に即戦力として活躍できる人材、ビジネスを設計・実践・創出する人材、地域再生に貢献できる人材を目指し、混迷の時代に最も求められているマネジメント能力を身に付けます。

取得資格

■取得可能な資格・免許
・教員免許(高校「商業」)
・リテールマーケティング(販売士)検定
・ファイナンシャル・プランニング技能検定2級
・証券外務員
・日商簿記検定
・消費生活アドバイザー

カリキュラム

■経営の「今」を現場で体感する実践科目
経営学科の大きな特徴は社会や経営の「今」を体験しながら、社会で必要とされるマネジメント能力を実践的に身に付けられることです。30年にわたる調査実習活動で蓄積されたノウハウを活かしながら、問題・課題の発見だけでなくどうしたら改善できるのかという解決能力を育成します。

■「実践教育」を重視 マネジメント能力を備えた人材の育成
地域の企業や自治体・非営利組織などと連携して、学生が主体的に学ぶ「フィールド実践科目」をカリキュラムの中心に据えています。商学部での25年間にわたる調査実習教育をベースにしたこの実践科目は、現場で「何が起きているのか」「何が必要とされているのか」を体感することで、知識とスキルを統合する力を身に付けることを目指します。

■社会で活躍する力を育成する
現代の社会人に求められているのは、自ら問題を発見し、その問題を解決できる能力。本学科では「ITコーディネート論」「ITソリューション論」「メディア応用論」「リスクマネジメント論」などを積極的に取り入れ、あらゆるビジネスシーンにも適応。社会人としての生命力を育成します。

卒業後の進路

■就職率(2019年3月卒業生実績/2019年5月1日現在)
経営学科:94.3%

■「実践教育」で得た知識とスキルで幅広いフィールドへ 
卒業後は、「実践教育」で得た知識とスキルを武器に幅広い分野での活躍が期待されます。一般企業から経営者、高校教諭(商業)、公務員まで進路は多岐に渡っていきます。

独自の学習システム

■他大学にはない、2年間におよぶ教育・調査プログラム
[STEP1] フィールド実践概説(2年次前期の科目)
地域調査とは何かーーそれに答えるべく、まずは調査法の基礎を学びます。調査研究の目的と意義、調査の設計、アンケート調査の取り方、ヒアリング調査の仕方、データの収集・解析方法、プレゼンテーションの仕方、調査研究報告書のまとめ方など、実際に調査研究する上で必要な知識を修得します。

[STEP2] フィールド実践入門(2年次後期の科目)
フィールド実践概説で学んだ調査法の知識を活用し、実際に調査をします。実態調査の入門として、札幌市や江別市など大学周辺の地域から調査対象を選定し、テーマを絞り込んで初歩的な調査研究を展開。3年次の本格的なフィールド実践に対応できるよう、現地調査の基本を体験的に学びます。

[STEP3] フィールド実践(3年次の科目)
経営学の実証的研究、かつ総合的研究として取り組みます。それぞれの研究テーマに従い10の調査グループに分かれ、それぞれの調査グループの研究目的、対象、方法に基づき、全国の諸地域の中から対象地域を選定します。前期は事前調査、予備調査、資料・文献調査を中心に展開。後期はグループ毎に分かれて実際に現地調査活動を行います。調査結果は報告会で発表し、報告書を作成します。

就職指導

■就職活動の事前準備をサポート「キャリア・マーケティング」 
3年次後期には就職活動の事前準備をサポートする「キャリア・マーケティング」を設置。経営学科ならではの業界分析の方法や就職活動で武器となる経営学理論から、自己紹介書・エントリーシートでの差異化の方法まで学びます。これが本当に自分が働きたい企業から内定を勝ち取るための大きな一歩となります。

その他の特色

■少人数教育×チーム教育で4年間、学生の成長をサポート
学生と教員が1対1の関係であることを基本に、個人面談などを継続的に行い学生の意向や思考を把握、さらに基幹となる科目は複数の教員がチームを編成し、多面的な指導を行うことで4年間学生をサポートしていきます。

 
インタビュー
相馬 謙裕さん

在学生 相馬 謙裕さん(経営学科3年)

適正価格での取引であるフェアトレードについて学び、同世代のみんなに知ってほしい!

サツガクに入学して、「座学ではない実践的な学び」に取り組み、生きた学びに出会えました。今、僕は「めざせ!北海道初のフェアトレード大学プロジェクト」の代表を務めており、経営学科橋長ゼミの延長として、フェアトレードを実践しながら学んでいます。国内2校目、北海道初の「フェアトレード大学」認定を目指し、オリジナル商品販売などをスタート。「学生発案プロジェクト」に採択され、サツガクから年間50万円の資金援助も受けています。

肴倉 勇人さん

卒業生 肴倉 勇人さん(日本郵便株式会社 勤務 2019年卒)

青森県から進学して驚いたのは東北や道内の地方出身者が多いこと

経営学科を選んだのは、例えば身近にあるスーパーがどのように商品を販売し、どうやって売上げを伸ばすのかといったことに興味があったから。故郷・青森から出てみたかったことと、親が北海道好きということもあり、サツガクに進学しました。資格取得の勉強に挑戦したり、将来の進路を模索しながら就活に取り組み、故郷である東北に帰って働けることになりました。就活時にはゼミの碓井先生に面接練習や履歴書作成でお世話になりました。地域の皆さんに頼っていただける社会人になりたいです。

高柳 ゆうなさん

卒業生 高柳 ゆうなさん(北洋銀行発寒支店 勤務 2018年卒)

インターンシップで先輩社員の人柄に憧れ、北洋銀行を目指す気持ちが固まりました

北洋銀行に興味を持ったのは、インターンシップがきっかけでした。そこで出会った社員の皆さんのトーク力が素晴らしくて、「一緒に働くことができたら私もレベルアップできる」と思いました。私にとってサツガクは、「がんばろう!」という気持ちをサポートしてくれる大学でした。ゼミの先生と学生も仲良しなので何でも話すことができますし、「検定を受けてみたい!」と言えば、おすすめのテキストや過去問題を教えてくださり、「期待に応えたい!」という気持ちが芽生え、私のやる気を引き上げていただきました。いつかは先輩社員のように、「お客さまに選ばれる銀行員」になることが目標です。

 
学べる学問
  • 教員養成
  • 経営学
  • 商学

 

目指せる職業
  • 経営者
  • 経営コンサルタント
  • 通関士
  • 高等学校教諭
  • 中小企業診断士
  • ファイナンシャルプランナー
  • 証券アナリスト
  • 社会保険労務士
  • 消費生活アドバイザー
  • 学芸員(博物館)
  • 営業
  • 経理スタッフ

資格
  • 中小企業診断士
  • 簿記検定
  • リテールマーケティング(販売士)検定試験

札幌学院大学の所在地/問い合わせ先

所在地
〒069-8555 北海道江別市文京台11番地

TEL.011-386-8111  (代表)  FAX.011-386-8133 

ホームページ http://www.sgu.ac.jp/
ページの先頭へ

札幌学院大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求
  • 願書請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内・願書
※資料・送料とも無料

_

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで札幌学院大学の情報をチェック!