工学部 応用化学科

地球環境を意識した上で、応用化学の分野で技術を開発できる
技術者・研究者をめざす

  • ※2019年4月入学者対象のものです。
応用化学科
この学部・学科の資料をもらう
 
 
応用化学科の特長
学べる内容

■化学やバイオの技術を利用した、原子の視点で地球と技術発展に貢献
「有機化学」「無機・分析化学」「物理化学」「化学工学」の4分野を柱に、地球環境を考慮しながら、高い生活レベルを落とすことなく素材や材料を開発し、ものづくりに適切な素材・材料を見抜く力と開発力を身につけます。

カリキュラム

■応用化学分野の基礎科目。実験、演習から始まり、より専門的分野へ進んでいく
1~2年次では学科の基礎となる化学系の科目を幅広く学ぶとともに応用数学やコンピュータプログラミングなどの工学系基礎科目も学びます。高学年次では電気化学、機能性高分子、有機合成化学等の専門的分野を学びます。

■低学年次からワークショップを実践
身の回りに起きている現象の調査とモノづくりなどの体験をするワークショップを実施。低学年から実践性のある内容をワークショップ科目として開設し、高い技術力と実行力を身につけます。また、学んだ知識を実際に使えるように演習科目を各年次に配置しています。

卒業後の進路

製造業/情報通信業/建設業・資源/専門・技術サービス業/進学 ほか

内容

【ピックアップ研究室】
■新しいテクノロジーで環境をはかり、自然の真理を見つけ出す
「はかる」ことは環境化学において重要な役割を持ちます。「分析化学研究室」では新しい分析手法の開発を行い、その測定法を身の周りの環境への応用を目指しています。例えば、大きな社会問題となっている農作物や食品の産地偽装。高感度な分析法を農産物等へ適用し、科学的に産地を判別する手法の開発も行なっています。

施設・設備

■東京千住キャンパスは北千住駅から徒歩1分!
東京・北千住駅東口(電大口)から徒歩1分の「東京千住キャンパス」は、最先端の教育・研究施設だけでなく、図書館や運動施設、カフェ、ラウンジ、屋上庭園など、充実した学生厚生施設も整備。2017年には、地上12階・地下1階の新校舎が完成。新校舎内にある「ものづくりセンター」では金属3Dプリンターが導入されるなど、ものづくりの環境が充実しています。

その他の特色

■就職先の満足度が高い。就職力の強さは、在学生も卒業生も実感。
1年次からさまざまな就職支援プログラムを用意し、職業に対する意識を早いうちから育てる就職支援体制をとっています。また、産業界からの評価が高い約21万人の卒業生も後輩の就職活動を強力にサポートします。

■学習サポートセンター
各キャンパスに「学習サポートセンター」を設置し、授業を理解していく上で、わからなかったところについて、質問に答えたり、学習方法の相談に乗っています。大学専任教員のほか、高等学校の先生を経験しているスタッフなどが対応。少人数の講義を行うほか、予約制で個別指導も行っています。グループでの相談も受け付けています。

 
学べる学問
  • 化学
  • 応用化学
  • 材料工学

 

資格

    ■取得できる資格
    高等学校教諭1種免許状【理科】(国)
    中学校教諭1種免許状【理科】(国)

    ■受験資格が得られる資格
    毒物劇物取扱責任者(国)
    危険物取扱者(国)<甲種>
    消防設備士(国)<甲種>

東京電機大学の所在地/問い合わせ先

全ての所在地/問い合わせ先を見る

所在地

●東京千住キャンパス(システムデザイン工学部・未来科学部・工学部・工学部第二部)

〒120-8551 東京都足立区千住旭町5番

TEL.03-5284-5151  (入試センター) 

ホームページ https://www.dendai.ac.jp/
E-mail nyushi@jim.dendai.ac.jp
ページの先頭へ

東京電機大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内
※資料・送料とも無料

_

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで東京電機大学の情報をチェック!