なごやじょしだいがく

名古屋女子大学

(私立大学/愛知県名古屋市瑞穂区)

資料請求

健康科学部 健康栄養学科
2019年4月、家政学部食物栄養学科を改組

「食」と「栄養」に関する高い専門性を有し、
看護医療職と連携できる管理栄養士を育てます。

  • ※2020年4月入学者対象のものです。
健康栄養学科
この学部・学科の資料をもらう
 
 
健康栄養学科の特長
カリキュラム

<授業紹介>
■基礎栄養学
 健康維持の観点から、栄養学の基礎を学びます。
■生化学実験
 実験への理解を深め、人体の機能を確認します。
■栄養教育実習
 栄養教育に求められる基礎知識と技術を身につけます。
■臨床栄養学実験
 健康に関わるデータを分析・評価する能力を養います。
■給食経営管理基礎・応用実習
 給食をマネージメントする実践力を磨きます。
■地域栄養調査実習
 栄養状態を調査し、評価する手法を習得します。

学部・学科・コースについて

人々の健康の維持・増進、疾病の予防・治療に食の領域から寄与し、科学的根拠に基づいて実践できる専門知識や技術を有し、看護医療職との連携が図れる管理栄養士を養成します。

※2019年4月、家政学部食物栄養学科を健康科学部健康栄養学科に改組。今までの教育ノウハウをもとに、実践能力の高い管理栄養士を養成していきます。

資格取得実績

■全国トップレベルの管理栄養士国家試験合格率
管理栄養士を養成するため50年にわたり専門性の高い学びを行ってきた名古屋女子大学。これまでに1,800名以上の管理栄養士を輩出しています。2019年3月の卒業生は150名が受験し150名が合格。全国でもトップレベルの成績を保ち続けています。
●管理栄養士国家試験合格率
第33回は100%(2019年3月卒業生)。
※家政学部食物栄養学科の実績

独自の学習システム

■健康栄養学科の特徴

<POINT1>多様な実験と研究により修得した専門知識を実践力に高めていきます。
栄養状態の評価、流動食の試食、栄養ケアの計画など医療現場での活躍を想定した実習や実験を数多く経験できます。また、健康科学部に設置される看護学科*の講義の一部を受けることも可能です。チーム医療の現場で役立つ実践力が身につきます。
*設置認可申請中

<POINT2>管理栄養士のルーツ、アメリカでの海外研修で「食」への視野を広げます。
希望者は、アメリカ・カリフォルニア大学デービス校での栄養士海外研修に参加できます。米国登録栄養士(RD)による講義、高齢者施設や病院などの見学、アメリカの一般家庭でのホームステイなど、充実したプログラム内容です。さまざまな体験を通して「食」に対する視野を広げることができます。

<POINT3>給食の立案から調理にいたるすべての過程を学内の実習室で体験します。
給食の経営管理に必要な知識や技術を体験的に身につけることができるよう、学内の給食経営実習室にて実際に給食をつくり、学生や教職員に昼食として提供します。献立の考案から食材の発注、調理、衛生検査、配膳、会計管理まであらゆる業務を仲間と協力して行い、総合的な能力を養います。

 
インタビュー
奥田 明日香さん

在学生 奥田 明日香さん(現:家政学部食物栄養学科4年)

豊富な実習でプロの現場を体験し、 進路の選択肢が増えました。

以前から食への関心が高く、食品メーカーの開発職かスポーツ栄養分野に携わりたいと考えていました。名古屋女子大学を選んだ理由は、管理栄養士国家試験の合格率の高さ。また、創立100年を超える伝統校であることも魅力でした。4年間を通して座学、実験、実習と段階を経て学びを深めていくことで、管理栄養士に必要な知識・スキルを体得できたと思います。また、豊富な実習でプロの現場を体験し、実際に管理栄養士の仕事ぶりに触れたことで、進路選択の幅が広がりました。今は、病院の管理栄養士も視野に入れ、実習や国家試験対策にさらに意欲的に取り組んでいます。

青木 翠さん

卒業生 青木 翠さん(現:家政学部食物栄養学科2018年3月卒)

食育を通して、人々を健康かつ笑顔にする サポートをしていきたいです。

食育に興味を持ったのは小学校での学習支援ボランティアに参加した時です。給食の時間を利用して食の大切さを伝えたところ、その日の残食がゼロになった経験から、知識は自分のものにするだけでなく、伝えていくことが大切であると感じました。栄養教諭一種免許状も取得しましたが、企業説明会で内定先の会社に勤める先輩の話を聞き、自分の仕事に誇りを持って働く姿や自社製品を生かして食育活動を盛んに行っている点に魅力を感じました。大学の授業は自分の生活に直結するのが楽しく、意欲的に学ぶことができました。これからも積極的な姿勢を大切に、何事も柔軟に吸収しながら、人と人を「食」で繋ぐ存在になりたいです。

川北 知穂さん

卒業生 川北 知穂さん(現:家政学部食物栄養学科2018年3月卒)

患者の気持ちを第一に考え、食事で 改善へと導く管理栄養士をめざします。

病院の管理栄養士をめざしたのは3年次の病院実習の際、様々な先生と協力して1人の患者にアプローチするチーム医療の中で、栄養のプロとして管理栄養士の方がリーダシップをとっていた姿に憧れたのがきっかけです。内定先は病院の他、老人保健施設、特別養護老人ホーム、ケアハウスなども運営している法人なので、病院栄養士としてだけでなく、様々な角度から健康にアプローチできそうです。また、名古屋女子大学出身の先輩が活躍していることに心強さを感じています。クラスの仲間と協力し、グループ活動で学んだことを実践して、チーム医療の中で専門分野をいかして活躍したいと思います。

 
学べる学問
  • 栄養・食物学

 

目指せる職業
  • 管理栄養士
  • 栄養士

資格
  • 栄養士
  • 管理栄養士
  • ■取得できる資格
    ・管理栄養士国家試験受験資格
    ・栄養教諭一種免許状
    ・食品衛生管理者任用資格
    ・食品衛生監視員任用資格
    ・栄養士免許証

就職について

管理栄養士、栄養士、栄養教諭として活躍。

名古屋女子大学の所在地/問い合わせ先

所在地
〒467-8610 愛知県名古屋市瑞穂区汐路町3-40
ホームページ https://www.nyusi.nagoya-wu.ac.jp/
E-mail nyusi@nagoya-wu.ac.jp
ページの先頭へ

名古屋女子大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内
※資料・送料とも無料

_

ピックアップ
オープンキャンパス

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで名古屋女子大学の情報をチェック!