ほくせいがくえんだいがく

北星学園大学

(私立大学/北海道札幌市厚別区)

資料請求

社会福祉学部 福祉心理学科

個人の心理から集団心理まで心に関する理論と実践を幅広く学び、総合的・現実的な判断能力を養います

  • ※2019年7月現在のものです。
福祉心理学科
この学部・学科の資料をもらう
 
 
福祉心理学科の特長
学部・学科・コースについて

■学科の特色

◯国家資格「公認心理師」の受験資格を取得可能
公認心理師とは、保健医療、福祉、教育などの分野において、心理学に関する専門知識および技術をもって心理に関する支援を必要とする人々の援助にあたる国家資格です。福祉心理学科では、公認心理師の受験資格に対応したカリキュラムを配置しています。

◯基礎から臨床まで学べる総合心理学科
実証科学としての心理学、および臨床場面での応用的実践としての心理学という、心理学を構成する両論について総合的、かつ系統的に学ぶことができます。認知、神経、感情、社会、発達、教育、臨床、健康、福祉など幅広い心理学を学べるようカリキュラムを構成しています。

◯実践的に科学的研究方法、分析方法、心理査定法を学ぶ
様々なテストを実施してパーソナリティや知能を測定したり、あるいはコミュニケーション行動や知覚・認知の測定、生理学的測定を行います。得られたデータは、仮説・理論を検証するためにコンピュータによるデータ分析と評価を行い、科学的なレポートを作成します。実験する側と受ける側の両方を体験することによって、人の心理に関する多角的な視点が身につきます。

◯問題を的確に表現し、解決する
自分で問題を見いだし、必要な情報を収集・分析し、それらを自分の言葉でまとめ、表現する力を身につける科目として、心理学実験特殊実習,専門演習、卒業論文を配置しています。

資格について

■心理職の新たな国家資格「公認心理師」が誕生します

「公認心理師」は、保健医療、福祉、教育その他の分野において、心理学に関する専門知識及び技術をもって心理に関する支援を必要とする人々の援助にあたります。国家資格の公認心理師法の施工に伴い、本学科では、2018年度入学生からカリキュラムを変更して「公認心理師」受験資格取得に対応したカリキュラム編成など準備を進めています。

留学制度

■9の国・地域、16大学との提携校ネットワーク

北海道内の私立大学の国際教育における先駆者として、全学科の学生に開かれた大学の交換留学制度は、米国、カナダ、英国、スイス、スペイン、インドネシア、中国、韓国、台湾の16大学と提携しています。提携校からも毎年約60名の留学生が訪れ、これまでの交換留学生数は、約2,000名にものぼります。条件が整えば、1年間留学しても4年間で卒業することが可能で、留学及び帰国後の費用を補助する制度もあります。また、数日から4週間程度海外の現地で学ぶ海外事情や各学部の専門教育科目があり、年間100名以上の学生が履修して海外に渡航しています。

その他の特色

■専門課程に加え、さらなる学びへの意欲で知識の幅を広げることができます

副専攻制度とは自身の所属する学部学科専門課程に加え、学びの幅を広げることができるよう、下記の14種類より1つ以上の副専攻を履修することができる制度です。副専攻課程の履修を修了した者には、副専攻認定証書が授与されます。
(1)人間科学
(2)キリスト教学
(3)英語
(4)ドイツ語
(5)フランス語
(6)中国語
(7)韓国語
(8)英語・英米文学
(9)心理学
(10)経済学
(11)国際関係論
(12)経営情報学
(13)経済法学
(14)社会福祉学

就職状況

■高い就職率を誇り、各業界からも高評価を得ています

◯就職率
100%(2019年3月卒業生実績/2019年5月1日現在)

◯主な就職先(2017~2019年3月卒業生実績)
タリーズコーヒージャパン株式会社、株式会社きのとや、六花亭製菓株式会社、近畿日本ツーリスト北海道株式会社、グローヴエンターテイメント株式会社、日本郵便株式会社、社会福祉法人 はるにれの里、日本赤十字社北海道支部、北海道職員(社会福祉・一般行政・公立小中学校事務) ほか

 
インタビュー
長岐 昇磨さん

在学生 長岐 昇磨さん(福祉心理学科4年)

福祉と心理の両輪で人を支援する心理師に

高校時代、友人の相談にうまく応えることができず、そこからカウンセリングや人を支援する分野に興味を持つようになりました。北星なら福祉と心理学の両方をしっかり学べることがわかり、北星一本に絞って受験しました。大学で学ぶまでは、心のケアとは悩みを抱える当人だけを対象にするものだと感じていましたが、実際にはご家族にも目を向けること大切さを知り、支援の幅広さ・奥深さを感じています。現在は国家資格の「公認心理師」を目指すかたわら、青年期における不適応問題に関する卒業研究と大学院の受験に向けて頑張っています。

人見 彩香さん

卒業生 人見 彩香さん(福祉心理学科2018年度卒 日本年金機構 勤務)

心理学で学んだことを糧に多くの方々の役に立ちたい

中学生の頃に読んだ本が心理学に興味を持ったきっかけとなり、専門的な知識を身につけたいと思い福祉心理学科に進学しました。心理学というとカウンセリングに関する講義をイメージしがちですが、知覚や記憶、学習などに関する実験も多く、この学問が扱う領域の広さやアプローチの多様性を新鮮な驚きを持って学ぶことができました。就職活動は、特定の業界に絞らず、「人の役に立つ仕事がしたい」という動機で志望企業を選択しました。日本年金機構は、国民一人ひとりがお客さまです。年金事務所の相談業務などを通じて、多くの人の役に立てるという点に魅力を感じています。

福田 葉留奈さん

卒業生 福田 葉留奈さん(福祉心理学科2013年度卒 北海道小平高等養護学校 勤務)

心理に関する幅広い知識をもとに子どもが安心して学べる環境づくりを

作業学習や音楽の授業を受け持つと同時に、留萌管内の幼稚園や小・中・高等学校の養成に応じ、支援が必要な子どもの教育について話し合いや助言を行い、現場の先生をサポートする特別支援教育コーディネーターを担当しています。小学校の頃に障がいのある友人が周囲から理解されない様子を見て、どの子どもも自分らしさを大切にしながら、安心して学べる環境をつくりたい、と思うようになりました。福祉心理学科に進学したのは、特別支援学校教諭を目指せることや、興味のあった心理学を専門的に学べると考えたからでした。心理学の知識をもとに子どもたちの思いを受け止め、夢の実現や成長をサポートしていきたいと考えています。

 
学べる学問
  • 心理学
  • 福祉学

 

資格

    ・小学校教諭免許状<国>(一種 ※条件付き)          ・高等学校教諭免許状【公民】<国> (一種)
    ・特別支援学校教諭免許状<国> (一種)             ・公認心理師<国>(※条件付き)
    ・認定心理士                              その他福祉関係各種任用資格 ほか

北星学園大学の所在地/問い合わせ先

所在地
〒004-8631 北海道札幌市厚別区大谷地西2-3-1

TEL.011-891-2731  (代表) 

ホームページ https://entry.hokusei.ac.jp/
ページの先頭へ

北星学園大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求

※Web出願のため、願書の送付はございません。

-

●入学案内
※Web出願のため、願書の送付はございません。

_

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで北星学園大学の情報をチェック!