らくのうがくえんだいがく

酪農学園大学

(私立大学/北海道江別市)

資料請求

農食環境学群 食と健康学類(4年)

管理栄養士国家試験合格率:94.9%達成(2018年度実績)
「食べるは生きる」 食を通じて人々を笑顔に

  • ※2019年7月現在のものです。
食と健康学類(4年)
この学部・学科の資料をもらう
 
食と健康学類(4年)のコース・専攻一覧
食品機能科学コース
食品開発学コース
食品流通学コース
管理栄養士コース
教職コース
 
食と健康学類(4年)の特長
学べる内容

■学びのポイント
1.1年次には作物栽培や家畜に触れる農場実習で生産現場を体験
2.安全・安心な「食品」の製造・加工・流通から健康・医療分野までをカバー
3.学内にある乳製品や肉製品製造実習工場で体験を通じて食を学ぶ
4.管理栄養士国家試験合格を目指す専門コースを設置

■コース紹介
<食品機能科学コース>
食品のもつ栄養性、嗜好性、生体調節性など多様な機能性に着目。既存食品や未・低利用食資源中の有効成分の分析、食品関連微生物の有効利用といった先進的な知識と技能を学びます。

<食品開発学コース>
食品の成分特性、製造原理、市場調査並びに企画開発など幅広い知識の修得。消費者・市場ニーズに合った食品の開発や製造までを実践的に学びます。

<食品流通学コース>
安全な食品を生産・消費するために、両者をつなぐ流通ビジネスの重要性に着目。21世紀の食品流通に必要とされる知識と技能を学びます。

<管理栄養士コース>※1年次よりコースに所属
土から作物、さらに食という建学の精神を基本とした教育により、生活習慣病の予防と治療の最前線に立つ管理栄養士を育成します。

<教職コース>
農業科の免許取得を前提としたカリキュラムと一貫した教員養成プログラムにより、高度な実践的教育力を発揮できる人材を養成し、教員採用試験の現役合格を目指します。

施設・設備

■食品加工実習室
ソーセージやハム、ベーコンなどの製造工程を一から実践的に学べる本格的な実験実習設備を完備。ここで製造される製品は「酪農学園大学ブランド」として、学内の大学生協で委託販売しています。原料から販売まで、食に対する理解を体系的に深めることができます。

■乳製品製造実験実習室
キャンパス内の乳牛から生産された新鮮な生乳を使って、牛乳やチーズ、バター、アイスクリームなどの本格的な乳製品づくりを学べます。ここで作られた乳製品は、食品加工実習室の製品と同様に、「酪農学園大学ブランド」として学内でも人気です。

目標資格

■取得可能資格
・中学校教諭一種免許状(理科・社会)*1(管理栄養士コースを除く)
・高等学校教諭一種免許状(理科・農業・公民)*1(管理栄養士コースを除く)
・准学校心理士(管理栄養士コースを除く)
・食品衛生責任者
・栄養士(管理栄養士コースのみ)
・食の6次産業化プロデューサー(レベル1・2・3)
*1:「教職コース」に所属しなくても教員免許の取得は可能

■受験資格
・管理栄養士国家試験(管理栄養士コースのみ)
・フードスペシャリスト
・専門フードスペシャリスト(食品開発)
・専門フードスペシャリスト(食品流通・サービス)

■任用資格
・食品衛生管理者
・食品衛生監視員

資格取得指導

■学類でサポートする資格
・簿記検定2級・3級
・販売士検定2級・3級

 
インタビュー
杉村 留美子

先生 杉村 留美子(食と健康学類 准教授)

家族のためになり仕事にもなる学問

私の専門である「栄養教育学」は、人の行動に着目した分野です。例えば、食べてはいけないのについ食べてしまう、運動しなければいけないとわかっていても行動に移せないといった対象者に対して、管理栄養士はどのようにアプローチしたらいいかについて研究しています。学問として「食」を知ることで、これまで「なんとなく」や「感覚」で行っていた調理法や健康法に根拠が生まれることでしょう。それが自分や家族のために、そして仕事にもつながります。

山下 千遥さん

在学生 山下 千遥さん(食と健康学類管理栄養士コース3年)

病院勤務の管理栄養士になるのが夢

「食」の面からスポーツと関わりたいと考え、管理栄養士を目指して入学を決めました。「食」は身近なものですが、学問として向き合うと医学の知識も必要だったり初めて聞くことばかりで、難しいという印象でした。それでも、先生方の分かりやすい指導のおかげで一つひとつ意味を理解していき、次第にそれらがつながっていく面白さに変わっていきました。将来は、病院で患者さんの食事相談を行う管理栄養士になるという明確な目標ができました。患者さんの健康状態に直接関わる責任のある仕事ですが、それもまたやりがいにつながると思っています。

池内 百合絵さん

卒業生 池内 百合絵さん(食と健康学類食品開発学コース2017年卒 タカナシ乳業株式会社)

乳製品のプロフェッショナルを目指して

専門分野の授業や、乳製品・肉製品製造の実習施設が充実していたことが酪農学園大学を選んだ最大の理由です。ゼミでは乳製品製造学研究室に所属し、毎日のように実習や実験を行い、アルバイト、就職活動との両立に苦労しましたが、充実した大学生活でした。進路を考える上で大事なことは好きなものに関わることだと思い、消費者にも働く人にも誠実な会社だと感じた、タカナシ乳業へ。将来の夢は、乳製品のプロフェッショナルになることです。

 
学べる学問
  • 栄養・食物学
  • 生物学
  • 生物工学
  • 農芸化学
  • 農学
  • 教育学

 

目指せる職業
  • 管理栄養士
  • 栄養士
  • 食品製造業
  • 農業協同組合
  • 医療・福祉法人
  • 教員
  • 公務員など

資格

    【取得可能資格】
    ・中学校教諭一種免許状(理科・社会)
    ・高等学校教諭一種免許状(理科・農業・公民)
    ・准学校心理士
    ・食品衛生責任者
    ・栄養士
    ・食の6次産業プロデューサー(レベル1・2・3)

    【受験資格】
    ・管理栄養士国家試験
    ・フードスペシャリスト
    ・専門フードスペシャリスト(食品開発)
    ・専門フードスペシャリスト(食品流通・サービス)

    【任用資格】
    ・食品衛生管理者
    ・食品衛生監視員

酪農学園大学の所在地/問い合わせ先

所在地
〒069-8501 北海道江別市文京台緑町582番地

TEL.011-388-4138  (フリーダイヤル 0120-771-663入試広報センター入試課直通)  FAX.011-386-1220 

ホームページ https://www.rakuno.ac.jp
E-mail rg-nyusi@rakuno.ac.jp
ページの先頭へ

酪農学園大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求

※WEB出願のため願書の送付はございません。

-

●入学案内
※WEB出願のため願書の送付はございません。

_

ピックアップ
オープンキャンパス

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで酪農学園大学の情報をチェック!