らくのうがくえんだいがく

酪農学園大学

(私立大学/北海道江別市)

資料請求

獣医学群 獣医保健看護学類(4年)

動物たちとの幸せな生き方を身につける

  • ※2019年7月現在のものです。
獣医保健看護学類(4年)
この学部・学科の資料をもらう
 
 
獣医保健看護学類(4年)の特長
学べる内容

■学びのポイント
1.高度化する獣医療を支える動物看護師を育成
2.獣医師とのチーム医療を支える生産動物看護師も育成・輩出
3.総勢50名を超える教員が指導!動物看護のスペシャリストを育成
4.本学類で飼っている犬たちとともに、実践的な学びを行う

■授業ピックアップ
◯動物行動学
行動の発現機序、行動様式、犬・猫とのコミュニケーション方法、学習理論等を学び、行動の基礎的知識を習得します。
◯基礎動物看護学
動物看護師として基礎的な知識や技術、手術の準備から術後の看護に必要な知識と技術を習得します。
◯動物栄養管理学
伴侶動物の栄養学の基礎事項について学び、特に犬と猫の栄養学を習得し、ライフステージ別栄養管理ができることを目指します。
◯動物理学療法学
身体機能を最大限に回復させ維持し、高めるための理学療法を実施するにあたり、その意義と適用の基本を学びます。

施設・設備

■最新設備の附属動物医療センターで専門性の高い治療が学べる
キャンパス内に設置されている附属動物医療センターは日本一の診療件数を誇り、年間の診療件数は犬や猫などの伴侶動物で約13,000件、牛や馬などの生産動物で約18,000件を数えます。附属動物医療センターでは、先進的な獣医療を含む実践的な獣医臨床教育を実施。専門性の高い診療と日本で最高レベルの動物のためのチーム医療に触れることができます。

目標資格

■取得可能資格
・食品衛生責任者
・家畜(牛)人工授精師
■受験資格
・認定動物看護師

卒業後の進路

■目指す職業
・動物病院
・農業共済組合(家畜(牛)人工授精師)
・動物医薬品製造業
・伴侶動物関連卸売・小売業
・公務員             など

 
インタビュー
菅野 美樹夫

先生 菅野 美樹夫(獣医保健看護学類教授)

「生産動物のチーム獣医療」に貢献できる動物看護師に

研究室では、家畜に特化した動物看護師の養成を目指しています。高度化するこれからの獣医療においては、質量ともに獣医師だけではまかないきれません。そこで必要とされるのがチーム獣医療であり、専門性を持った動物看護師です。ゼミ活動では、夏に1週間、オホーツクでの酪農実習があります。ここではJA湧別町の方々との交流ができて、とても良い経験になります。動物好きの優しい気持ちを持ち、多くの知識や経験を自ら吸収していく学生になってほしいと願っています。

櫻間 麻友さん

在学生 櫻間 麻友さん(獣医保健看護学類2年)

動物たちと過ごす時間すべてが勉強の機会

動物が大好きで、動物のことを学びたいと入学しました。大学では毎日のように犬の世話をしています。勉強で一番好きなのは動物行動学。先生はどんな質問でも丁寧に答えてくれます。本学は、自分から動けば、動物に関わるチャンスがたくさんあります。これから入学する方には、1年次から何でもチャレンジすることをお勧めします。私は動物の行動や生態そのものに興味があるので、将来は動物園の飼育員やドッグトレーナーなどの仕事ができればと考えています。

桜井 新之介さん

卒業生 桜井 新之介さん(獣医保健看護学類2017年卒 公益財団法人日本小動物医療センター 勤務)

現場で経験を積んで、動物看護の教育に携わりたい

動物に関わる仕事がしたいと思い、獣医保健看護学類で獣医師とは異なる立場から獣医療にアプローチしていることに興味が湧きました。充実した施設と北海道で学べるという高揚感もありました。実践的な実習や多岐にわたる専門科目の授業は、今も現場で生きています。在学中にアメリカの大学病院へ短期留学をし、最先端を行く欧米の診療形態と当院が似ており、専門分野での勉強がしたく就職を決めました。将来は診療現場での経験を生かして教育に携わり、動物看護師の発展に関与していきたいです。

 
学べる学問
  • 獣医学
  • 生物学
  • 生物工学

 

目指せる職業
  • 動物病院
  • 農業共済組合
  • 動物医薬品製造業
  • 伴侶動物関連卸売・小売業
  • 公務員など

資格

    【取得可能資格】
    ・食品衛生責任者
    ・家畜(牛)人工授精師

    【受験資格】
    ・認定動物看護師

酪農学園大学の所在地/問い合わせ先

所在地
〒069-8501 北海道江別市文京台緑町582番地

TEL.011-388-4138  (フリーダイヤル 0120-771-663入試広報センター入試課直通)  FAX.011-386-1220 

ホームページ https://www.rakuno.ac.jp
E-mail rg-nyusi@rakuno.ac.jp
ページの先頭へ

酪農学園大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求

※WEB出願のため願書の送付はございません。

-

●入学案内
※WEB出願のため願書の送付はございません。

_

ピックアップ
オープンキャンパス

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで酪農学園大学の情報をチェック!