有名人スポーツワンポイント講座
有名人スポーツワンポイント講座
鈴木 聡美選手
鈴木 聡美選手
女子競泳選手 ミキハウス所属
2018アジア大会・女子50m、100m平泳ぎ金メダリスト
女子平泳ぎ50m日本記録保持者
Profile
1991年1月29日生まれ。福岡県出身。4歳から水泳を始め、地元の遠賀中学校から九州産業大学付属九州高等学校、そして水泳の強豪・山梨学院大学に進学。すると大学入学後に力を発揮し、1年時の学生選手権100m平泳ぎで日本記録を出して優勝した。また2010年の日本選手権では平泳ぎ50m、100m、200mの三冠を達成。同年のアジア大会にも出場し50m3位、100m2位と活躍を見せた。2012年の日本選手権でも好成績を出し、ロンドンオリンピックに初出場。200mの銀メダルをはじめ3つのメダルを獲得した。2013年、大学卒業後にミキハウスに入社した。その後2016年のリオデジャネイロオリンピックにも代表に選出されるがメダルには届かなかった。そして今年開催されたアジア大会2018では、女子100m平泳ぎで日本選手団初の金メダルを獲得。50m平泳ぎでは前回に続いての連覇、400mメドレーリレーでも優勝し3つの金メダルを獲得。2020年の東京オリンピックでの活躍が期待されている。

※プロフィール等は2018年9月時点のものです。

鈴木 聡美選手の学生時代は・・・
勝つことよりも、自分の記録を伸ばしたい気持ちが強かった
鈴木 聡美さん写真  私には2歳上の姉がいて、いつも一緒で姉の後ばかり付いていくような子供だったんです。その姉が水泳をしていたのがきっかけで、私も4歳から始めました。もともと水の中が楽しくて、お風呂とかビニールプールが大好きでした。だから姉が大きなプールで泳いでいるのがすごく羨ましくて(笑)。とにかく大好きな姉のやることは、何でも一緒にやりたい甘えん坊の妹でしたね(笑)。でも水泳は好きで、もちろん遊び感覚だったんですが段々泳げるようになり、泳ぎがキレイだと褒められると嬉しかったのを憶えています。そのうち友達に泳ぎで勝てるようになると、益々のめりこんでいきました。そして初めて全国大会に出場したのは小学校6年生の時、ジュニアオリンピックカップです。50mの平泳ぎで予選落ちしてしまいましたが、当時は東京に行けただけで嬉しかったんです。
 中学生になると全国中学校大会にも出るようになり、自分より泳ぎが上手くタイムの良い子がいると羨ましく思うようになりました。おそらく水泳を競技として意識するようになったのも、この頃からです。それからは、もちろん勝ちたいという気持ちはありましたが、それよりも自分の記録を伸ばしたい思いの方が強くなっていきました。一位になっても自己記録より遅かったりすると、嬉しくなかったんです(笑)。その気持ちは今もずっと同じですね。
 九州産業大学付属九州高等学校時代も、学校の水泳部に所属していましたが、もっぱら練習は中学時代からお世話になっていた「オールウエイズ・スイミングクラブ」でやっていました。毎日の練習と試合、合宿などもあって忙しい高校時代でしたが、学業と水泳を両立できたことで、自分にはいいバランスになっていた気がします。高校までは目立った成績を残せたわけではなかったですが、充実した高校時代でしたね。

大学を大きなステップに、アジアへ、そしてオリンピックへ
大学での厳しい練習が、世界へ挑む記録につながった
鈴木 聡美さん写真  私の中で大きなターニングポイントになったのが、山梨学院大学への進学でした。中学・高校時代は特にすごい成績を残すことは出来なかったのですが、大学生になり水泳への取り組み方や意識が確実に変化していきました。山梨学院大学はスポーツでは厳しい指導で知られているだけあって、練習量や内容も高校時代までとは大きくガラリと変わりました。例えば、高校までは平泳ぎしかやってこなかった私が、いろいろな泳ぎにもチャレンジして基礎体力が付いたことも大きかったと思います。高校時代とは違ってウエイトトレーニングの量も増やしました。すると、大学生になって、いきなりタイムに変化が出てきたんです。まるでエレベーターで一気に上がっていった感じで、自分でも驚いたくらいです(笑)。そして2010年4月の日本選手権で50m、100m、200mの三冠を達成し、同年のパンパシフィック水泳選手権で初めて代表に選ばれました。そして続く11月のアジア大会でも結果を残すことができた飛躍の年になりました。
 その後も世界選手権やアジア大会、そしてロンドンにリオデジャネイロオリンピックと、数々の国際大会で日本代表として泳いできました。特に今年のジャカルタ・アジア大会では3つの金メダルを手にすることができ満足しています。中でも400mメドレーリレーは緊張していたんです。何故ならメドレーで泳ぐのはひさしぶりだったから。そんな私に『ロンドンでメダルをとった人が何言ってるんですか』と声をかけ、奮い立たせてくれたのが池江璃花子選手でした。『100mの金もとっているんだし、私が頑張れば日本記録も狙えるんじゃないか』という気持ちにさせてくれました(笑)。彼女は高校生なのに頭もよく、自分の考えをしっかり持った選手です。すごいなぁって思いますね。そしてロンドンオリンピックの時の自分を思い出しました。あの時『私が行きます!』と一番年下の私が先輩たちに宣言していました。一番年上の人間が、下から励まされるって、こういうことなんだと痛感しました(笑)。

鈴木 聡美選手からのワンポイントアドバイス
どの泳ぎにも必要な、基礎体力と体づくりを考える
鈴木 聡美さん写真  山梨学院大学時代は、本当にきつい練習が続きました。練習の量も質も一気に変わったのが大学時代です。毎日、朝と午後の練習で1日5〜6時間は泳いでいました。ちなみに大学時代の練習はというと・・・
(1)エンドレス・・・これは山梨学院大学・水泳部の伝統的な練習で、平泳ぎ200mを3本。ただしタイムは2分40秒を1本でも上回ると追加されるという、まさにエンドレスなハード練習です。
(2)多種目を泳ぐ・・・高校時代までは平泳ぎだけ練習していましたが、大学では200mバタフライを10本、背泳ぎ100mを10〜20本、クロール100mを30本、400mメドレーを6本など。様々な泳ぎを練習することで基礎体力をつけ、泳ぐ土台の体作りをしていました。
(3)筋力トレーニング・・・これも高校時代はあまりやってこなかったトレーニングです。マシーンやマットを使い、負荷をつけてトレーニングします。特に平泳ぎでは肩胛骨と体幹、そして太ももの筋力が大事になりますので、集中して鍛えるようにしていました。
(4)体幹トレーニング・・・私はバランスボールをよく使っていました。ボールの上に立ったり、ひざ立ちして平泳ぎのポーズをするなど。また負荷をかけてやるのもいいです。体幹を鍛えることは、水泳に限らずあらゆるスポーツに有効的だと思います。
(5)チュービング・・・ゴムバンドやチューブを使ったトレーニングですが、チューブを使ってスクロールなど腕の動きと筋肉を鍛えていました。また、パドルが着いたチューブも効果的だと思います。

以上がだいたいの練習メニューです。また平泳ぎに関して言うなら、特に水の抵抗を受けやすい泳ぎなので、キックの仕方や呼吸のタイミングなど。自分の体に合った泳ぎのスタイルを身につけて、いかに抵抗の少ない泳ぎにするかがポイントになると思います。また、自分の泳ぎを客観的に見て、修正していくこともタイムにつながると思いますよ。

鈴木 聡美選手からのメッセージ 「焦らずに、自分にとっての楽しいことを見つけよう」
鈴木 聡美さん写真  私は高校時代、あまり目立った選手ではなかったのですが、池江選手のような今の高校生と接してみると、気持ちの面でもすごく強いものを持っているなと感じます。特にアスリートの子たちは自分の意見もしっかり持っているんじゃないでしょうか。私なんか驚かされるところがいっぱいあります(笑)。でも、みんなが同じじゃないし、焦ることは何もないですよ。高校時代の結果で人生が決まるわけじゃないし、むしろ、その先の人生の方が長いんだから。ただ自分にとっての楽しいことは何なのか、を探って見つけてほしい。
 私もまだまだ楽しいことを続けていきたいです。今回のアジア大会でも競泳女子の最年長と言われていましたが、気持ちとしては大学生の時と何も変わっていません。もちろん記録の面でも同じです。この気持ちを維持して、2020年の東京に挑みたいですね。より大人として進化した自分を見せられたらとも思います。記録でもメダルの色でも、ロンドンよりは良いものを目指します。また競泳チームの中でも、経験を重ねた私だからこそ出来ることをしっかりとやっていきたいと思っています。






※プロフィール等は2018年9月時点のものです。

松田 丈志さん
松田 丈志さん(元水泳選手)
チャレンジしたからこそ得られる成功と失敗、そしてやりがい
立石 諒選手
立石 諒選手(水泳選手)
何があっても諦めず、自分の夢に全力で向かっていく
加藤 ゆか選手
加藤 ゆか選手(競泳選手 ロンドンオリンピック銅メダリスト)
何事にも、感謝の気持ちを忘れない
入江 陵介選手
入江 陵介選手(水泳選手)
たくさんの友や人とつながることは、きっとプラスになる
中西 悠子さん
中西 悠子さん(元競泳選手)
目標に向かって、ひとつずつクリアしていくことの大切さ
原田 早穂さん

2010年12月

原田 早穂さん(元シンクロナイズドスイミング選手)
努力と可能性は無限大
佐藤 久佳選手
佐藤 久佳選手(水泳選手)
周りへの感謝の気持ちを忘れないことが成長への第一歩に
山本 貴司さん

2010年5月

山本 貴司さん(元水泳選手)
自分で限界を作るな、リミットを振り切って突っ走れ!
藤井 拓郎選手
藤井 拓郎選手(水泳選手 北京オリンピック 銅メダリスト)
夢にチャレンジすることが、きっと自分の力になる
中村 礼子選手
中村 礼子選手(水泳 オリンピック銅メダリスト)
プレッシャーの中で手にした北京のメダルは、重みがあった
寺内 健選手
寺内 健選手(水泳/飛込み選手 北京オリンピック日本代表)
飛込みに興味を持って!そして応援してください!
岩崎 恭子さん

2008年1月

岩崎 恭子さん(元水泳選手)
素直な心で・・・!
柴田 亜衣選手
柴田 亜衣選手(水泳選手 アテネ五輪800m自由形金メダリスト)
意識を持ちながら泳ぐことが、上達への近道!
鈴木 大地さん
鈴木 大地さん(水泳 ソウルオリンピック金メダリスト)
きっといつか、自分の成長がカタチになる時がくると思います。
オススメコンテンツはこちら
人気職業ランキング 大学短大の資料願書をまとめて請求しよう! 専門学校の資料をまとめて請求する 私立高校のパンフレット取り寄せ 看護特集 学食へ行こう 大学人気ランキング JS日本の塾
有名アスリートからの応援メッセージ